日々のできごと

『若者の貧困・居場所・セカンドチャンス』が刊行されました。

日々のできごと 書評・関連書籍

このたび、青砥恭+さいたまユースサポートネット編『若者の貧困・居場所・セカンドチャンス』が太郎次郎社エディタスから刊行されました。

51DqI-Y5pmL._SX338_BO1,204,203,200_

この本は、さいたま市を中心に社会に居場所をなかなか見つけられない若者や子どもへの支援活動を展開するNPO法人さいたまユースサポートネットが主催した連続講座やシンポジウムの内容をまとめた書籍で、私も「若年ホームレス問題と生活保護」に関するパートを担当しています。

ぜひご一読ください。

*********************

『若者の貧困・居場所・セカンドチャンス』
青砥恭 編 さいたまユースサポートネット 編

発行日 2015年06月発行
判型 四六判
頁数 240ページ
価格 本体2000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0782-9
Cコード C0036

内容
このままでは若者が「国内難民化」する?!

貧困家庭の子ども325万人(6人に1人)、好転しない不登校・ひきこもり、高校中退者はこの10年で100万人超。若年無業者が増加している。学生でも社会人でもない不安定な10代・20代。使い捨てられて無業となる30代。変わらなければならないのは、「若者」だろうか?

学校が育ちの場にならず、企業社会にはイスがない。従来型ライフコースからはずれていく多くの若者を、だれが、どこで、どのように支えているのか。

「学び直し」「居場所づくり」「就労支援」を実現する貧困研究の生きた知見と、先進的な実践者が集い、安心して普通に生きられる社会へのモデルを指し示す。

執筆者
稲葉剛〈若年ホームレス問題と生活保護/NPO法人自立生活サポートセンター・もやい〉
黒田安計〈発達障害への視点/さいたま市保健福祉局保健部〉
才門辰史〈非行少年のリ・スタート/NPO法人セカンドチャンス!〉
関口昌幸〈コミュニティビジネスと行政/横浜市政策局〉
津富宏〈就労支援・静岡方式/静岡県立大学教授〉
中西新太郎〈居場所論/横浜市立大学名誉教授〉
松田考〈就労支援と連携/札幌市若者支援総合センター〉
宮本みち子〈若者政策/放送大学副学長〉
山野良一〈子どもの貧困対策/千葉明徳短期大学教授〉

目次
【序】子ども・若者支援がめざすもの
「高校中退」から「セカンドチャンス」へ●青砥恭

【第1部】現場でいかす
[現場のための「生活保護」入門]私たち自身のまなざしが問われている●稲葉剛
[現場のための「発達障害」入門]子どもの特性を医療の視点から理解する●黒田安計
[現場のための「相対的貧困率」入門]相対的貧困率と子どもの貧困対策法を考える●山野良一

[コラム]生きる場所はどこに①──自己責任論を超えて●戸高七菜

【第2部】現場からはじまる
[市民が伴走する地域若者サポートステーション◎静岡方式]働きたいけれども働けない若者たちと●津富 宏+池田佳寿子
[学校と社会のすきまを埋める支援ネットワーク◎札幌]新規の来談、毎月40名●松田考
[少年院を出た若者たちのネットワーク]セカンドチャンスを支える 少年院出院者として●才門辰史
[地域でサービス、モノ、カネ、ヒト、情報がまわる仕組み◎横浜]就労支援から地域経済の再生へ●関口昌幸

[コラム]生きる場所はどこに②──子ども・若者の貧困と格差が日本社会に突きつけたもの●青砥恭

【第3部】視点をひらく
[日本の現実と各国の若者政策]若者が自立できる環境をどうつくるか●宮本みち子
[普通に安心して働くことが困難な時代に]居場所という〈社会〉を考える●中西新太郎
[問題提起を受けてのトーク]見えてきた課題と新しい社会のモデル●松田考+宮本みち子+関口昌幸+中西新太郎+青砥恭

著者紹介
青砥恭(あおとやすし)
NPO法人さいたまユースサポートネット代表理事。1948年生まれ。元埼玉県立高校教諭、現在、明治大学・埼玉大学講師。子ども・若者と貧困、自立…続きを読む
さいたまユースサポートネット(さいたまゆーすさぽーとねっと)
2011年設立。高校を中退、通信制高校生、不登校や引きこもりを経験、障害で生きづらさを感じている子ども・若者など、この社会に居場所がなかなか見つからない子ども・若者たちを無償で応援するNPO法人。

【つくろいハウス】屋上にミニ菜園が誕生!

日々のできごと

個室シェルター「つくろいハウス」の入っているビルの屋上にミニ菜園ができました。

入居者のうち、最高齢のKさんが「屋上にプランターを設置して、植物を育てたい」とスタッフに要望。ゴールデンウィークにプランターや土を買ってきました。

何を育てるか、話し合った結果、やはり実用も兼ねてトマトやキュウリ、ピーマンを植えることに。

IMG_3909IMG_3910IMG_3912

 

Kさんが丹精込めて育てた野菜は、初夏の陽気の中ですくすく育ち、一部は早くも収穫の時期を迎えています。

収穫した野菜は、月1回、みんなでおこなっている食事会でも使わせていただく予定です。

 

IMG_3914

 

そんな野菜たちを、Kさんがいつの間にか屋上に設置した風車が見守っています。

つくろい東京ファンドのウェブサイトはこちら。

つくろいハウスでバザー&見学会をおこないました!

日々のできごと

5月10日の良く晴れた日曜日、「つくろい東京ファンド」がお借りしている建物の駐車場スペースにてバザーを開催いたしました。バザーを通じて、私どもの活動を地域の方々に知っていただきたいという思いから、支援者の皆様に物品の寄付を募り、実現しました。

バザー01   バザー02

バザー03

10時になると、早くも「ちらしを見ました」とご近所さんがお越しになりました。
気に入ったお品物を手に取り、お買い上げです。「つくろい東京ファンド」の紹介文と、過去に掲載された新聞記事のコピーも受け取って下さいました。

バザー04バザー05

バザーの目玉は、何と言ってもブランド冬物衣類と手作りの商品です。

バザー06バザー07

ケーキ職人による焼菓子もテーブルに並びます。
「バナナ」「はっさくピールショコラ」「ハニーレモンジンジャー」のケーキを超格安の100円で販売したところ、子ども達を中心に大好評でした。洗練された絶品ケーキでした。

バザー08バザー09
Sさんの手作りコサージュも売れ行きは好調で、遊びに来て下さった皆さんの胸にコサージュの花が咲きました。駆けつけて下さった中野区区議会議員のむとう有子さんの胸にも!

バザーを機に、今回2度目になるつくろいシェルターの見学会も行いました。
代表理事の稲葉が教えている立教大学大学院の学生さんや、他の生活困窮者支援団体の方、地域で社会活動に関わる方など、多くの方が関心を寄せて下さり、集まって下さいました。生活困窮者が生活保護を受けアパート入居を果たすまでの期間、安心して過ごせる個室シェルター(つくろいハウス)の必要性が皆さんに伝わったと思います。

バザー10
お昼はボランティアのHさんが作ってきて下さったお弁当をみんなで囲みました。風の強い日でしたが、青空の下、みんなで食べるお弁当の美味しかったこと!

このバザーを通じて、私たち「つくろい東京ファンド」は多くの方々に支えられ、いろいろな活動を行えているのだと実感しました。ビルを貸して下さったオーナー様、寄附をお寄せ下さる支援者の皆さん、手弁当で手伝って下さるボランティアの皆さん、お買い上げ下さった地域住民の方々など、改めて心より感謝いたします。

次回は秋の開催を予定しています。またご縁が広がりますように。(つくろい東京ファンド・小林)

※つくろい東京ファンドへの寄付については、こちらのページをご覧ください。

平和といのちと人権を!5・3憲法集会でアピールしました。

日々のできごと

5月3日は憲法記念日。
横浜の臨港パークでは「平和といのちと人権を! 戦争・原発・貧困・差別を許さない」をテーマにした集会が開催され、約3万人が集まりました。

東京新聞など各紙で大きく取り上げられました。

東京新聞:横浜で集会 青空に「9条守れ」と3万人 ※一定期間が過ぎるとリンク切れになります。

集会の前半では、木内みどりさん司会のもと、香山リカさん、雨宮処凛さん、大江健三郎さん、澤地久恵さん、樋口陽一さん、落合恵子さんといった有識者がアピール。

私はステージわきから皆さんのアピールを聴いていました。皆さん、とても素晴らしい演説だったのですが、落合恵子さんが「瀕死の民主主義を生き返らせることができるのは、私たちの力です。」 と強調されていたのが、特に印象に残りました。

IMG_2791

その後、政党代表として、民主党の長妻昭さん、日本共産党の志位和夫さん、社会民主党の吉田忠智さん、生活の党と山本太郎となかまたちの主濱了さんが演説。

沖縄からの特別アピールとして、高里鈴代さんが登壇し、みんなでシュプレヒコールをあげた後は、各市民団体関係者からのリレートークに入りました。

リレートークでは、11人が話をしたのですが、私は武藤類子さん(福島原発告訴団)の次に話をしました。

以下がそのアピール内容です。写真はステージ上から撮らせてもらいました。

FullSizeRender

【5・3憲法集会でのアピール】

皆さんは安倍政権になってから生活が楽になったでしょうか。

年収がアップした方はいらっしゃるでしょうか。

今年4月の日本経済新聞による世論調査では、景気回復を実感している人はわずか16%。78%もの人々が景気回復を実感していないと答えています。
食料品を中心に物価が上がる中、安倍政権になって、収入が10%も下がった人たちがいます。生活保護を利用している4人家族です。
安倍政権は2013年から生活保護基準の段階的な引き下げを進めています。引き下げ幅は平均で6.5%ですが、最も引き下げ幅が大きいのは両親と子ども2人の世帯です。一方の手で子どもの貧困対策を進めるという名目で国民運動を呼びかけておきながら、もう一方の手で子どものいる貧困家庭の生活費を削るというのは、全く矛盾した政策と言わざるをえません。

今年度からはさらに生活保護の住宅扶助基準や冬季加算も削減されます。これにより、生活保護世帯の子どもたちが転校をせざるをえなくなったり、寒冷地に暮らす高齢者や障がい者が暖房代をまかなえずに体調を悪化させるといった事態も起こりかねません。

そもそも安全保障とは一体、何でしょうか。社会保障とは一体、何のためにあるのでしょうか。
それらは、私たち一人ひとりが安全に、そして安心して暮らしていけることを基本に据えるべきだ、と私は考えます。

安倍政権は自衛隊を海外に派兵させる安保法制には前のめりですが、国内における人々のいのちと安全を保障するという憲法25条が求める義務を放棄しようとしています。

平和を壊し、社会保障を壊す安倍政権に、NO!の声をつきつけましょう。

***********************

私の前に発言された武藤類子さんは、「原発と貧困、差別、平和の問題はつながっている」ということを強調されていたのですが、もともと平和運動から市民活動に関わるようになった私も、そうした思いで貧困問題に取り組んできました。

今後とも、貧困問題だけでなく、個人の立場でマルチイシューの運動にも関わっていこうと思います。

 

【2015年4月9日】 産経新聞に個室シェルター「つくろいハウス」に関する記事が掲載

メディア掲載 日々のできごと

2015年4月9日付け産経新聞記事(共同通信配信)に、一般社団法人つくろい東京ファンドの個室シェルター「つくろいハウス」に関する記事が掲載されました。

生活困窮者向け宿泊施設「個室化」進む
次のステップへ「安心」提供

住まいを失った生活困窮者向け宿泊施設の「個室化」を進める動きが都内でも広がっている。地価が高い23区内などでは相部屋形式が多く、心の病などで施設になじめない人が路上生活に戻ってしまうこともある。支援関係者は「困窮者が次のステップに進めるよう、安心して過ごせる場所を提供したい」と話している。

150409産経記事

中野区の鉄筋コンクリート3階建てビルに入る「つくろいハウス」。3階部分の6畳と4畳半の8部屋を、1~6カ月程度宿泊できるシェルターとして使っている。昨年7月の開設以降、今年3月末までに計23人を受け入れてきた。

「着の身着のままでここに来た」と、昨年秋から暮らす小林勇さん(84)。介護保険の要支援2の認定を受け、週に1回ヘルパーに洗濯や掃除を手伝ってもらっている。「この年になると借りられるアパートを探すのは難しい。本当にありがたい」と話す。

シェルターは短期の滞在が基本。新たな住居に移れるまで、スタッフが生活保護の申請を手伝うなどサポートする。家賃は入居者の経済状態によって設定しており、月に数万円が目安だ。負担ゼロの場合もある。

ハウスを運営するのは、ホームレス支援を続けてきた稲葉剛さん(45)らがつくる「つくろい東京ファンド」。自己資金に加え、インターネットを通じて小口の出資を募るクラウドファンディングなどを活用し、運営の初期費用約200万円を集めた。

部屋はビルのオーナーが「暮らしに困っている人のために使ってほしい」と安く貸してくれた。生活困窮者が宿泊できる施設は目的によってさまざまなだ。シェルターは緊急一時宿泊事業として、自治体がNPO法人などに委託して運営しているケースが多い。
入居者の相談に応じて就労を図る「自立支援センター」という形態もある。民間事業者による「無料・低額宿泊所」は23区内など都市部を中心に増えているが、一部に悪質な「貧困ビジネス」が疑われるケースも指摘される。

つくろいハウスに入居する別の男性(42)は、公園やネットカフェでの寝泊まりを繰り返してきたという。
「公園ではアルミの防寒シートで体をぐるぐる巻いて寝ていた。落ち着いたところで寝られると疲れがとれる」

これで意欲が湧き、ホームレスが街頭で立ち売りする雑誌「ビッグイシュー日本版」の販売員として働き始めて貯金をし、3月中旬からは自分でアパートを借りた。

ホームレス支援に取り組むNPO法人「抱樸(ほうぼく)」では、「居住環境が整うことで、今後の生活がイメージできる。頑張ろうという意欲が出て、自立につながる」と、施設個室化が全国的に広がることを期待している。

 

「21世紀」着任のお知らせ&現場続投宣言!

日々のできごと

私、稲葉剛は、本年4月1日、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科に特任准教授として着任することになりました。
21世紀社会デザイン研究科は、NPO/NGOやソーシャルビジネスなどに関する専門家を育成することをめざして設立された学科です。
学生のほとんどが社会人なので、授業は平日の夜や土曜日におこなうことになります。

写真 (4)

今までも埼玉大学の非常勤講師として週1コマの授業を担当するなど、大学で教えた経験はありますが、本格的に教員として働くのは初めての経験になります。

「大学の先生になる」と言うと、「貧困の現場から離れてしまうの?」と思われる方もいるかもしれませんが、NPO法人もやい一般社団法人つくろい東京ファンドをベースにした生活困窮者支援活動はライフワークとして続けていきますので、ご心配なさらないでください。

また21世紀社会デザイン研究科でも、「貧困と社会的排除」や「居住福祉論」という内容の講義を担当することになっています。私がこだわってきた「権利としての社会保障」や「住まいの貧困」といった分野において、研究と実践をつなぐ役割を果たし、社会的な発信も強化できればと考えています。

今後とも、このウェブサイトのキャッチコピーでもある「いのち・すまい・けんり」にこだわった活動を展開していきます。4月以降は、活動家と大学教員という「二足のわらじ」を履くことになりますが、引き続き、よろしくお願いします。

ビッグイシュー販売者がアパート入居!

日々のできごと

一般社団法人つくろい東京ファンドが運営する個室シェルター(東京都中野区)では、生活困窮者を支援する様々な団体と連携をしながら、住まいのない人への居住支援をおこなっています。

シェルターの7室の居室のうち2部屋はNPO法人ビッグイシュー基金との業務提携のもと、ビッグイシューの販売者の方に使っていただいています。

303Aの部屋 (2)

このたび、昨年10月末からシェルターに入居されていたビッグイシュー販売者のYさん兄弟が都内のアパートに移ることができました。
アパートに引っ越しをする日に、シェルターに暮らしてみての感想や今後の希望についてコメントをいただきました。

 

シェルターは、住み心地が良く、安眠できた。風呂場、流しが広く、またIHコンロがあって使いやすかった。また、駅から近くて便利で、閑静な住宅街の中にあって住みやすかった。

ネットルームに比べて家賃が安く、光熱費もかからないため、貯金ができた。ビッグイシューの在庫を部屋に置くことができて、仕事の効率も上がり、収入も上がり、貯蓄額も上がった。

3階なので荷物を運ぶのはきつかったが、ビッグイシューの売上だけでアパートに行きたい人にとってはあわやハウスは良い場所だと思う。

当面は、ビッグイシューの売上を増やすことが目標。ゆくゆくは自分で事業で立ち上げることも考えていきたい。

 

つくろい東京ファンドでは引き続き、住まいを失った人々が適切な住まいを確保できるための支援を続けていきます。ぜひ活動にご協力ください。

つくろい東京ファンドでは、物資カンパを募集しています。

以下の物品を提供できる方がいらっしゃれば、ぜひカンパをお願いします。

◆募集する物品
・インスタント食品、缶詰(賞味期限内のもの)
・男性用下着(新品)
・男性用衣類
・洗剤
・クオカード
・電気ポット

保管スペースが限られているため、あらかじめ、品目と数量をお問い合わせフォームでお知らせください。

つくろい東京ファンドお問い合わせフォーム

折り返し、送付先住所をお知らせします。申し訳ありませんが、送料はご負担をお願いします。

また、つくろい東京ファンドでは、引き続き活動資金も募集しています。
下記の銀行口座にお振り込みの上、上記のお問い合わせフォームにご連絡ください。

◆つくろい東京ファンドの銀行口座
みずほ銀行 飯田橋支店(061)
普通 2634440 「つくろい東京ファンド」

Amazonギフト券による寄付も可能になりました。
下記ウィッシュリストよりご購入いただけます。

「つくろい東京ファンド」Amazonウィッシュリスト

セーフティネットのほころびを修繕する事業にぜひご協力をお願いします。

※関連記事:【2015年2月25日】 山口新聞:つくろい東京ファンドのシェルターに関する記事が掲載

『3.11を心に刻んで 2015』が出版されました。

日々のできごと 書評・関連書籍

岩波ブックレットから『3.11を心に刻んで 2015』が出版されました。

2709200

このシリーズは、毎月11日に掲載されてきた岩波書店のウェブ連載をまとめたもので、これまで130人を超える筆者に書き継がれてきました。

第4期分となる今回は、私も小文を寄稿させていただいています。水俣の緒方正人さんの言葉を引用して、東京電力福島第一原発の事故について考察しています。

まもなく3.11から丸4年になります。タイトルの通り、3.11を心に刻んでおくために、ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。

ぜひご一読ください。

岩波書店ページ:岩波ブックレット『3.11を心に刻んで 2015』

【目次】

I 3・11を心に刻んで
二〇一四年三月一一日  井出孫六  木内 昇  安丸良夫
四月一一日  稲葉 剛  鎌田 遵  富山妙子
五月一一日  多和田葉子  早川由紀美  松林要樹
六月一一日  齋藤純一  神野直彦  矢野久美子
七月一一日  岡田知弘  高橋久美子  山口二郎
八月一一日  枝元なほみ  白井 聡  馬場あき子
九月一一日  五十嵐太郎  野口雅弘  平川秀幸
一〇月一一日  加藤陽子  坂元ひろ子  外岡秀俊
一一月一一日  赤川次郎  辛 淑玉  松江哲明
一二月一一日  金子 勝  鎌仲ひとみ  姜 尚中
二〇一五年一月一一日  遠藤比呂通  濱田武士  山中茂樹
二月一一日  加納実紀代  金 時鐘  今日マチ子
執筆者紹介

II 歩み 2014年 河北新報社
宮城県名取市・閖上地区
福島県浪江町
宮城県石巻市・石巻水産復興会議

【2015年2月19日】 読売新聞:「顔」欄に稲葉剛の紹介記事が掲載されました。

メディア掲載 日々のできごと

「顔」 稲葉剛さん:住まいを失った人の支援に取り組んで20年

写真 (3)

バブル崩壊後の1994年冬、東大大学院生の時に友人に誘われ、東京・新宿の地下通路に林立する段ボールの「家」を訪ねた。凍えて、息も絶え絶えの路上生活者の姿を目にし、頭を殴られたような衝撃を受けた。

当時は、新宿区だけで年間50人以上が路上死していた。以来、「社会の割れ目をのぞいて、見て見ぬふりはできない」と、住まいを失った人の支援に取り組み始め、健康相談や声かけを地道に続けた。20年の節目を迎え、これまでの自身の活動をまとめたエッセー集を出した。

都の強制排除を巡り騒動になった98年、段ボールに火が燃え移り、4人が亡くなった。焼け落ちた「家」の前に立ち、安全な住まいの確保を誓った。2001年に設立し、理事を務める「自立生活サポートセンター・もやい」では、アパートの入居保証人引き受けや、生活困窮者向けの制度の利用を呼びかける。

路上生活者は減ったが、最近は若者の相談が増加。「ネットカフェ難民」「派遣村」が流行語になるなど、住まいの貧困という根本的な背景は変わっていない、と感じる。「誰もが安心して暮らせる住まいを得られる。そんな社会を目指したい」

(社会保障部 手嶋由梨)

動画で見る『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』出版を祝う会

日々のできごと

7cc3ae8b6e86d314c1a503d32ff67d8e-600x4002月15日(日)、伝通院・繊月会館で開催された拙著『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』の出版記念イベントの模様を、当日行われたプログラムの中からピックアップして動画でご紹介します。

■座談会:『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』をめぐって 星野智幸さん(作家)×吉水岳彦さん(僧侶)×稲葉剛

■演奏:寺尾紗穂さん ダンス:ソケリッサ

■演奏:演奏:みほこん(大原未歩子)さん

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >