講演・イベント告知

3月26日(日)引き下げアカン!大阪の会第3回総会・記念講演会

講演・イベント告知


【第3回総会案内】
引き下げアカン!大阪の会第3回総会を以下の内容で開催することになりましたのでお知らせします。

貧困と格差が広がる社会の中で、様々な運動が連携していくことがとても大切であると思います。私たちは、裁判支援を中心にしながら、社会保障・社会福祉分野において共同の運動を強めていきたいと考えています。引き続き、みなさんのご支援をお願いします。
ぜひ総会に、多数お越しください。

日時:3月26日(日)午後2時半開場
【第一部】第3回総会 午後3:00~3:45 
【第二部】記念講演会 午後4:00~5:30

記念講演
「貧困の現場から社会を変える」…講師 稲葉 剛氏

※プロフィール
住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人、生活保護問題対策全国会議幹事等。1994年より東京・新宿を中心に路上生活者の支援活動に関わる。2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立。幅広い生活困窮者への相談・支援活動を展開し、2014年まで理事長を務める。2014年、つくろい東京ファンドを設立。著書『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)、『生活保護から考える』(岩波新書)等、多数。

場所:M&Dホール(大阪府保険医協同組合会館 5F)
大阪府大阪市浪速区幸町1丁目2−34
参加費:無料
※会員外の方のご参加も歓迎致します。第二部の記念講演会からご参加ください。

≪連絡先≫
生活保護基準引き下げ違憲訴訟を支える大阪の会
大阪市住吉区苅田5-1-22大阪障害者センター内
電話 06(6697)9058 FAX 06(6697)9059
E-mail seiho.iken.sasaeru.osk@gmail.com

3月21日(火) 院内集会 「住宅セーフティネット法改正案を考える」

講演・イベント告知

3・21院内集会
「住宅セーフティネット法改正案を考える」

日時:2017年3月21日(火)12時30分~15時30分
会場:参議院議員会館・地下1階・B107会議室(地下鉄「永田町」駅すぐ)

〔趣旨〕

今国会に、低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子ども育成する家庭などへの住宅確保をめざす「住宅セーフティネット法」(住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律)の一部改正案が提出され、衆参国土交通委員会などで審議されます。

私たち住宅関係諸団体は、これに先立ち2月末に全政党に対し、要請書を提出しました。
この中で、「法改正と新たな制度が住宅困窮各層の『住生活の安定の確保及び向上の促進(住生活基本法第1条)に真につながるよう、国会での充実した審議」を求め、具体的要請を行いました。これらの要請内容をふくめ、各党国会議員の方々と意見交換します。

〔プログラム〕

総合司会 林治 (弁護士・全国追い出し屋対策会議)
主催者あいさつ  稲葉剛 (住まいの貧困に取り組むネットワーク・世話人)

基調報告   坂庭国晴 (国民の住まいを守る全国連絡会・代表幹事)
記念講演   小田川華子(首都大学東京 子ども・若者貧困研究センター)

各党国会議員のあいさつ
高齢者、障がい者、母子世帯、若者、被災者からの報告と発言(予定)
〔開催団体〕 住まいの貧困に取り組むネットワーク、国民の住まいを守る全国連絡会、全国追い出し屋対策会議、生活弱者の住み続ける権利対策会議、

〔協賛〕 日本住宅会議(関東会議)

〔連絡先〕 NPO住まいの改善センター

℡03-3837-7611 fax03-6803-0755

【当日は12時から参議院議員会館1階ロビーで会議室への通行証を配布します】

関連記事:住宅セーフティネット法改正案は「住まいの貧困」解決の切り札となるのか? 

3月20日(月・祝) 映画とトークの集い「戦争、差別、貧困~ある路上画家の人生から学ぶ」

講演・イベント告知

映画とトークの集い
戦争、差別、貧困~ある路上画家の人生から学ぶ

20170320映画とトークの集い入稿

トランプ新大統領の登場に始まった2017年。世界に、日本に、不寛容と排外主義の波が押し寄せています。

そんな時代だからこそ、見てほしい映画があります。2001年、9・11前後のニューヨークで撮影されたドキュメンタリー『ミリキタニの猫《特別篇》』。その主人公であるホームレス画家、ジミー・ミリキタニさんは、第二次世界大戦中、日系人収容所に入れられた過去を絵に描き、道行く人々に訴えていました。
戦争、貧困、差別の渦中にいながらも絵を描き続けたアーティストの生涯から、私たちは何を学べるのでしょうか。

映画上映の後、製作と撮影を担当されたマサ・ヨシカワさんと、東京でホームレス支援を続けてきた稲葉剛(つくろい東京ファンド代表理事)の対談もあります。
ぜひご参集ください。

【日 時】2017年3月20日(月・祝)13:00~16:00(12:30開場)
【場 所】カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会)ヨセフホール

〒102-0083 東京都千代田区麹町6-5-1
JR 中央線/東京メトロ 丸の内線・南北線「四ツ谷」駅徒歩1分(上智大学手前)
アクセスマップはこちら。

【参加費】自由献金制
どなたでも参加できます。事前申し込みは不要です。

【主催】
カトリック麹町教会メルキゼデクの会一般社団法人つくろい東京ファンドベグライテンミシュカの森

【協力】四ツ谷おにぎり仲間・聖イグナチオカレーの会・IMA緊急シェルター
【問合せ】メール:ANA71805★nifty.com(入江)※★を@に変えてください。

 

2月19日(日) 地方都市から子どもの貧困をなくす(延岡)

講演・イベント告知

ひきこもり、いじめ、非行・暴力、リストカット、自殺、経済的困窮・・・
いま、日本の子どもの6人に1人が、様々な「貧困」に直面しています。

地方都市から子どもの貧困をなくす
聞く・見つける・考える・わかる シンポジウム!

日時 2017年2月19日(日)12:30~16:00(12:30開場、13:00開会)
会場 延岡市社会福祉センター3F大集会室
延岡市三ツ瀬町1-12-4 TEL(0982)32-6555

※参加費無料!
関心のある方はどなたでもOK!

講師 稲葉剛さん
(立教大学特任准教授)

 

【プログラム】

前半 稲葉剛さんによる講演
テーマ「貧困問題と市民」

後半 パネルディスカッション

~講師プロフィール~

1994年より東京・新宿を中心に路上生活者支援活動に取り組む。20年間で3000人以上の路上生活者の生活保護申請を支援。

著書に『生活保護から考える』(岩波新書、2013年)、『貧困の現場から社会を変える』(POSSE叢書、2016年)など。

【主催】のびのびフリースペース&わえん
【共催】NPO法人「結い」
【協力研究者】坂本毅啓(北九州市立大学)、畠中亨(帝京平成大学)、日田剛(九州保健福祉大学)、掛川直之(大阪市立大学都市研究プラザ)、志賀信夫(大谷大学)
*本事業は、平成28年度・延岡市社会福祉事業基金の助成によって開催されます。

連絡先(のびのびフリースペース&わえん)
〒882-0803 宮崎県延岡市大貫町3丁目1263-5コーポ新田102
電話・FAX(0982)26-2335
メール w a y e n _ h p ★ y a h o o.c o.j p  ※★を@に変えてください。

 

2月11日(土) 学生向けイベント:日本の貧困と生活保護〜水際作戦・「不正受給」・小田原ジャンパー事件

講演・イベント告知

http://blog.goo.ne.jp/posse_blog/e/cdeddfb6ad04a96332ffd3f37b44ada3

学生向けイベント「日本の貧困と生活保護 〜水際作戦・「不正受給」・小田原ジャンパー事件〜」を開催します!

日本の貧困は深刻化しています。214万人が生活保護を受給し、国際機関の統計によれば相対的貧困率は16%と、先進国ではアメリカに次いで2番めの高さです。

しかし、生活保護を受けられるほど貧困にあるにも関わらず、実際に保護を受給している人は約2割ほどしかいません。その背景には、行政職員が相談に来た困窮者を窓口で追い返す「水際作戦」などの違法行為があります。神奈川県小田原市の職員 は「保護なめんな」とプリントされたジャンパーを着て窓口の相談業務を行っていました。

なぜこれほどにまで貧困が広がっているのか、そしてなぜ助けるはずの行政が貧困者の立場に立っていないのか。実際に現場で数百件もの生活困窮者支援に取り組んでいる立教大学大学院特任准教授の稲葉さんと『生活保護:知られざる恐怖の現場』の著者であるPOSSE代表・今野が議論します。

日時:2月11日(土曜日)18:00〜 (17:30開場)
会場:北沢タウンホール2階 集会室
   京王井の頭線 / 小田急線下北沢駅 南口徒歩5分
   (東京都世田谷区北沢 2-8-18 地図

講師:稲葉剛 立教大学大学院特任准教授
   今野晴貴 NPO法人POSSE代表

参加費:無料
事前予約不要

■お問い合わせ
NPO法人POSSE
TEL:03-6699-9375
FAX:03-6699-9374
HP:www.npoposse.jp
E-mail:info@npoposse.jp
事務所所在地:〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-17-15ローゼンハイム下北沢201号室

1月24日(火) 学習会「拡大する住まいの貧困と住宅セーフティネット」

講演・イベント告知

http://tax-justice.com/?p=581

公正な税制を求める市民連絡会(共同代表:宇都宮健児弁護士ら)の第8回学習会が1月24日に開催されます。テーマは「拡大する住まいの貧困と住宅セーフティネット」です。

5bdf3aac63c09bbfa90fd9c0f7f0c9ba-724x1024

テーマ:拡大する住まいの貧困と住宅セーフティネット

日 時:2017年1月24日(火)18:30~21時

場 所:主婦会館プラザエフ3階 (JR四ッ谷駅徒歩1分) アクセスはこちら。

講 師:稲葉 剛(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・立教大学大学院特任准教授)

「住居は暮らしの器」と言われるように、適切な居住こそが幸せを実現します。
ところが、社会全体が貧困で住居が確保できなければ、「住居が無く、生きていけない」状況に陥ることになります。高度経済成長を経て豊かな社会を実現したはずでしたが、バブル経済崩壊後の四半世紀は日本社会では人々がいとも簡単に「住居が無く、生きていけない」状況に陥ることを示しています。

本学習会では、居住の本質に立ち返り「居住福祉」の実態とわが国が居住福祉に充てられるべき財政のあり方を学習します。ぜひ、ふるってご参加ください。

*資料代500円 事前申込不要

チラシPDFはこちら

主 催:公正な税制を求める市民連絡会
事務局連絡先:弁護士 猪股正 さいたま市浦和区岸町7-12-1東和ビル4階 埼玉総合法律事務所
℡048-862-0355 fax048-866-0425

関連記事:2017年を「居住福祉元年」に!~新たな住宅セーフティネットの構築に向けて

12月20日(火) ReDEMOS(リデモス)Presents Vol.3「それ、本当に自己責任?〜若者にブラックな社会、どうにかしないとヤバくない?」

講演・イベント告知

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/54281

ReDEMOS(リデモス)Presents Vol.3
それ、本当に自己責任?〜若者にブラックな社会、どうにかしないとヤバくない?〜

2016年12月20日(火)
OPEN 19:00 / START 19:30
場所:渋谷LOFT9
料金:一般¥1500、学生は無料(要学生証)
※別途ドリンク代(¥500〜)が必要です。
※予約受付中(予約者優先。整理番号順の入場となります)

チケット予約はこちら。

【出演】
稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事)
大内裕和(中京大学国際教養学部教授/教育社会学)
山尾志桜里(衆議院議員/民進党)
藤川里恵(AEQUITAS)
諏訪原健(ReDEMOS)

主催:ReDEMOS(リデモス)

12月2日(金) 講演会『児童養護施設出身者の学生生活支援を考える』(立教・新座)

講演・イベント告知

http://www.rikkyo.ac.jp/aboutus/philosophy/activism/human_rights/events/info/2016/11/18441/

立教大学人権・ハラスメント対策センター
2016年度 秋季人権週間プログラム(新座キャンパス開催)
講演会『児童養護施設出身者の学生生活支援を考える』

立教大学人権・ハラスメント対策センターでは、毎年『人権週間プログラム』を開催しています。
新座キャンパスにおいて、講演会『児童養護施設出身者の学生生活支援を考える』を企画しました。

児童養護施設で暮らす子どもたちは日本に約3万4,000人。彼らは、高校を卒業する18歳で施設を出なければいけません。大学等への進学率は1割強、専門学校を含めても2割程度。進学には、高い授業料、生活費、友人との付き合いや課外活動費などを含めると高額な費用がかかります。将来、社会で自立するための経験を積む学生生活は、彼らにとって決して簡単なものではありません。経済的な困窮と孤独から学業の継続は難しく、志半ばで挫折し中退することも多いのが現実です。

こうした若者を真剣に応援しない社会に未来はない!
志ある学生を応援するために、児童養護施設出身の女子学生のシェアハウスを設立した、社会福祉と家族・ジェンダーの専門家である庄司洋子氏が、活動について紹介し、児童養護施設出身者にとって家族とは何か、また、彼らが大学等へ進学し卒業するために必要な支援とは何かについて講演をします。

また、貧困問題の専門家である稲葉剛氏が「住宅問題と若者の貧困」の視点からコメントをします。
その後、両氏で対談を行い、参加者も一緒に考えていきます。

たいへん貴重な機会ですので、みなさんどうぞご参加ください!!

 

日時 2016年12月2日(金) 18:30-20:30
場所 立教大学 新座キャンパス 3号館1階 N311教室

新座キャンパスへのアクセスはこちら。キャンパスマップはこちら。

講師 庄司 洋子 氏 NPO法人 学生支援ハウス ようこそ理事長、立教大学名誉教授

   稲葉 剛 氏 立教大学 21世紀社会デザイン研究科特任准教授

対象者 本学学生、教職員、一般
受講料 無料
申込 不要(当日は、直接会場へお越しください)
主催 立教大学人権・ハラスメント対策センター
共催 ジェンダーフォーラム、コミュニティ福祉研究所、社会福祉研究所
問合せ先 立教大学 人権・ハラスメント対策センター
(新座) TEL:048-471-7396
(池袋) TEL:03-3985-3192
jinken@rikkyo.ac.jp

11月15日(火) 『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)刊行記念 稲葉剛・星野智幸さん対談「生きやすい社会のつくり方」

講演・イベント告知

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20161014204016.html

【紀伊国屋書店新宿本店】 『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)刊行記念

稲葉剛さん・星野智幸さん対談「生きやすい社会のつくり方」(2016年11月15日)

CqR0JgFUEAAhGgu

稲葉剛さんの新刊『貧困の現場から社会を変える』の刊行を記念して、初の自選作品集『星野智幸コレクション』Ⅰ~Ⅱを刊行された星野智幸さんをゲストにお迎えした対談&サイン会を行います。稲葉剛さんは、長く貧困の現場にかかわり、さまざまな提言や制度改革に取り組んでこられ、星野智幸さんは、いま問題となっている日本社会の危機的状況や問題を、早い時期から正面的に描き、警鐘となる作品を発表されてこられました。それぞれの著作や活動を手掛かりに、昨今また広がりを見せる貧困バッシング、自己責任論などについて、またそうした社会をどう変えていくか、についてお話していただきます。ぜひご参加ください。

日時◆2016年11月15日(火) 19:00開演/18:45開場

会場◆紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース

定員◆50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

参加料◆1,000円(ただし、当日『貧困の現場から社会を変える』および『星野智幸コレクション』Ⅰ~Ⅱのいずれか1冊をお買い上げの方は無料となります)

参加方法◆11月1日(火)午前10時よりお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)

ご予約電話番号:03-3354-5703
新宿本店3階売場直通(10:00~21:00)

※当店に繋がる他の電話番号にかけられてもご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。

【出演者プロフィール】

稲葉剛
1969年広島県生まれ。NPO 法人自立生活サポートセンター・もやい理事。立教大学特任准教授。著書に『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために―野宿の人びととともに歩んだ20年』(エディマン、2014年)、『生活保護から考える』(岩波新書、2013年)、『ハウジングプア』(山吹書店、2009年)など。

星野智幸
1965年、アメリカ・ロサンゼルス市生まれ。88年、早稲田大学卒業。2年半の新聞社勤務後、メキシコに留学。97年「最後の吐息」で文藝賞を受賞しデビュー。2000年「目覚めよと人魚は歌う」で三島由紀夫賞、03年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、11年『俺俺』で大江健三郎賞、15年『夜は終わらない』で読売文学賞を受賞。『呪文』『未来の記憶は蘭のなかで作られる』など著書多数。

◆注意事項◆

・参加料1000円はイベント当日、会場にてお支払いいただきます。『貧困の現場から社会を変える』『星野智幸コレクション』Ⅰ~Ⅱも会場にご用意しておりますので、その場でお買い求めください。(お支払い方法は現金のみとさせていただきます)
・イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。
・イベント会場での撮影・録音は固くお断りします。
・お客様のご都合や交通機関の遅延により時間に遅れた方や、係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。
・イベントの出演者・内容については急な変更等ある場合がございます。予めご了承下さい。
・定員になり次第、受付を終了させていただきます。尚、当サイトでの受付終了のご案内は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

 

関連記事:鵺がつないだアートと小説~武盾一郎さん×星野智幸さんのコラボが完成!

 

11月11日(金) 貧困バッシングを考える院内集会

講演・イベント告知

Aequitas(エキタス)が主催する下記の院内集会で発言をします。ぜひご参加ください。

14650462_1764944160421040_1516579225847660670_n

私どもAEQUITAS(エキタス)は、最低賃金を抜本的に引き上げること(最低賃金1500円)の必要性、またそれに伴い充実した中小企業支援策を講じることで経済の巡りを良くし、国民の所得をあげ、ひいては日本の「格差と貧困」を解決できることを訴えています。

特に、日本の低賃金の問題が貧困と密接に関連しており、日本の労働のあり方や不十分すぎる社会保障制度のあり方が貧困を生み出していることに問題意識を持っており、声をあげていかなければならないと考えています。

8月18日にNHKのニュース7で女子高生が経済的な壁に直面しているとして紹介された際、ネット上で「当事者の女子高生の生活は貧しくない」という貧困バッシングが渦巻きました。この貧困バッシングには相対的貧困という視点が欠如しているといえます。相対的貧困は社会保障制度や政策などの構造によって発生している問題です。相対的貧困率は16パーセントを超えており、労働規制や福祉の充実を求めることが重要になっています。

しかし、バッシングに見られるように相対的貧困への無理解は根強く、私たちはこのような状況に危機感を感じています。このままでは、おかしいことにおかしいと訴える「声」が抑圧されてしまいます。そのため、私たちは8月27日には「貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ」を行いました。今回の集会では、相対的貧困やさまざまな形の貧困への理解を深め、福祉の充実を訴えるものにしたいと思っております。また、政治のレベルでも、これまでよりも、より真剣に「格差と貧困」の解決を訴え、政策を考えていかなければならないと考えています。この集会に多くの人が集まり、「格差と貧困」の解決をこれまでよりさらに大きな政治課題へと押し上げていければと思っています。

「貧困」は、今や、子どもや若者だけでなく高齢者や多くのマイノリティにとっても切実な問題です。もはや、これ以上放置していいわけがありません。是非、参加をよろしくお願いいたします。

日時:11月11日(金)18:00〜19:45
場所:参議院議員会館講堂(永田町駅すぐ)

プログラム

【基調講演】
相対的貧困とは(仮)―大沢真理東京大学教授

【報告】
住まいの貧困―稲葉剛(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事)
高齢者の貧困―藤田孝典(NPO法人ほっとプラス代表理事)
医療と貧困―岩下明夫(立川相互歯科・歯科医師)
最後に参加議員のコメント

【8月27日 貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ関連】
「貧困たたきやめよ/東京・新宿エキタスが緊急デモ」
毎日新聞「新宿で緊急抗議デモ」
東京新聞「貧困たたき 若者NO 結成1年エキタスとは

〔お問い合わせ〕

AEQUITAS(エキタス)
mail:aequitas1500@gmail.com

関連記事:「生活保護利用者の人権は制限してもよい」の先には、どのような社会があるのか?

 

1 2 3 4 5 6 7 8 >