つくろいハウスの年末年始!皆様のご協力に感謝いたします。

日々のできごと

あけましておめでとうございます。

2016年も引き続き、「いのち・すまい・けんり」にこだわった活動を続けていきたいと思います。

 

ふとんで年越しプロジェクトに協力!

この年末年始も、都内の生活困窮者支援団体の関係者が連携をして「ふとんで年越しプロジェクト」が実施されています。

福祉行政が機能を停止する年末年始に、各団体がネットワークを組み、独自の宿泊支援・生活支援を行うというこのプロジェクトも、今回が3回目。前回、前々回のプロジェクトの報告は以下でご覧になれます。

ふとんで年越しプロジェクト2014報告 ~路上をとりまく状況の変化に着目して~

ふとんで年越しプロジェクト報告(2013~2014年) ~路上支援の新しい在り方を模索して~

私が代表理事を務めるつくろい東京ファンドも、個室シェルター「つくろいハウス」の一部の居室を無償提供することで、このプロジェクトに協力しています。

 

「年越しそばを食べる会」&もちつき大会

その「つくろいハウス」では、今年も大晦日に「年越しそばを食べる会」を開催しました。

31日の昼間からスタッフやボランティアが集まって、そばの準備を行いました。

IMG_3377

生活支援を担当しているスタッフの祖父にあたる方がご自身で育てた野菜(白菜、大根、里芋など)もご提供いただき、ヘルシーなそばになりました。

IMG_3381

 

また、ボランティアの皆さんからは、おせち料理や果物を差し入れていただきました。参加した70代の男性からは「久々に家庭的な雰囲気を味わうことでできて、良かった」という感想をいただきました。

IMG_3380

 

食事会には15名が参加。現在、「つくろいハウス」に入居されている方や、すでにアパートに移られた方が集まり、年末に「ふとんで年越しプロジェクト」につながって入居されたばかりの男性も参加されていました。

年が明けて、1月2日には豊島区の「要町あさやけ子ども食堂」で開催されたもちつきにみんなで参加しました。地域の子どもたちも参加して、賑やかな雰囲気の中、おもちを美味しくいただくことができました。

 

IMG_3384

たくさんの物資カンパに感謝!

この年末年始で特筆すべきことは、たくさんの方から物資カンパをいただいたことです。

12月28日に、このサイトで「大掃除で出た不要な物品(石鹸、タオル、食品など)をご提供ください」と呼びかけたところ、わずか2日の間に、十数名の方からご連絡をいただきました。

保管スペースの都合もあるため、30日には募集を締め切らせていただきました。ご了承ください。

ご提供いただいた物品のごく一部

ご提供いただいた物品のごく一部

こんな短期間に多くの方からカンパの物品をいただき、私自身も暖かい気持ちで年を越すことができました。物品を送ってくださった方、情報をシェアしてくださった方に感謝いたします。ありがとうございました。

ご提供いただいた物品は、シェルターに入った方への生活支援に活用させていただきます。

今後、つくろい東京ファンドでは生活困窮者への居住支援事業をさらに広げていきたいと考えています。本年もよろしくお願いいたします。


>

« »