プロフィール

稲葉 剛(いなば つよし)

略歴

profile_inaba_001 1969年、広島県広島市生まれ。母親は原爆投下直後の広島に疎開先から入った「入市被爆者」、父親は原爆で家族を失った「原爆孤児」であり、被爆二世として戦争や平和の問題に敏感な子どもとして育つ。
東京大学教養学部教養学科卒(専門は東南アジアの地域研究)。在学中から平和運動、外国人労働者支援活動に関わり、1994年より東京・新宿を中心に路上生活者支援活動に取り組む。
2001年、湯浅誠らと共に自立生活サポートセンター・もやいを設立し、幅広い生活困窮者の相談・支援活動を開始。学習塾講師として生計を立てながら活動を続けるが、2008~09年の派遣切り問題を機に退職し、活動に専念することに。
2009年、住まいの貧困に取り組むネットワークを設立し、住宅政策の転換を求める活動を始める。また、2011年より生活保護制度の改悪に反対するキャンペーンに本格的に取り組む。
2014年、一般社団法人つくろい東京ファンドを設立し、空き家・空き室活用による低所得者支援を事業化。
2015年、立教大学大学院特任准教授に就任し、貧困・社会的排除、居住福祉論を教えている。

現職

一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事
特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい理事
住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人
生活保護問題対策全国会議幹事
一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット理事
一般社団法人自由と生存の家理事
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

著作

『貧困の現場から社会を変える』堀之内出版 2016年
『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために―野宿の人びととともに歩んだ20年』エディマン/新宿書房 2014年
『生活保護から考える 』岩波書店 2013年
『ハウジングプア』山吹書店 2009年
『英語のおさらい(おとなの楽習シリーズ)』自由国民社 2008年
『貧困のリアル』(共著)飛鳥新社 2009年
『わたしたちに必要な33のセーフティーネットのつくりかた』(共編著)合同出版 2011年
『12歳のきみに語る憲法』(共著)岩崎書店 2011年
『貧困待ったなし!―とっちらかりの10年間』(共著)岩波書店 2012年
『命と絆は守れるか?震災・貧困・自殺からDVまで』(共編著)三省堂 2012年
『脱原発とデモ―そして、民主主義』(共著)筑摩書房 2012年