講演・イベント告知

12月16日(土) 社会文化学会シンポジウム「抵抗の文化は可能か―社会運動の再考」

講演・イベント告知

http://japansocio-culture.com/taikai/taikai_20/

社会文化学会第20回全国大会 大会テーマ「抵抗の文化は可能か?」

2017年12月15日(金)~17日(日)
会場:立教大学池袋キャンパス

※稲葉は、2日目(12月16日)の全体シンポジウムでお話します。大会全体のスケジュールは上記リンク先をご覧ください。

大会スケジュール〔12月16日(土)〕

13:00~ 受付開始

13:30~17:00 全体シンポジウム「抵抗の文化は可能か――社会運動の再考」

場所 立教大学池袋キャンパス5号館5121教室

報告者:

谷和明(東京外国語大学名誉教授)
「九条俳句訴訟からみる政治的中立と市民的公共性」

清眞人(元近畿大学教授・「戦後世界史と日本 市民ネット」代表)
「社会文化学会への提案--抵抗の文化蘇生イニシアチブの幾つか」

稲葉剛(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)
「貧困の現場から社会を変える~野宿者運動、反貧困運動の経験から」
司会・趣旨説明:和田悠(立教大学)

17:10~18:10 総会

18:30~20:30 懇親会(多国籍創作料理 レッドピーマン 豊島区池袋3-1-2)

参加費

大会参加費:1,500円(非会員の一日参加1,000 円)
〔懇親会〕一般4,000円、大学院生2,500円

チラシのPDFは、こちらでダウンロードできます。

12月8日(金) 公開講座「空き家を活用したハウジングファーストの取り組み」

講演・イベント告知

http://housingpoor.blog53.fc2.com/blog-entry-308.html

12月8日(金)第4回講座「空き家を活用したハウジングファーストの取り組み」

「新たなセーフティネット住宅の実践を考える」の第4回講座を下記のとおり、開催いたします。
どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

第4回講座 「空き家を活用したハウジングファーストの取り組み」

日時:12月8日(金)午後6時30分~午後8時

会場:新宿区・戸塚地域センター・地階集会室1(高田馬場駅徒歩3分)
アクセスは、こちら。

講 師:稲葉 剛(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事)

 

「ハウジングファースト」とは、生活困窮者の支援において安定した住まいの確保を最優先とする支援アプローチです。

1990年代にアメリカで始まったハウジングファーストは、ホームレス問題の解決につながる画期的な支援手法として欧米各国に広がりました。
日本でも東京都内の7団体がネットワークを組み、「ハウジングファースト東京プロジェクト」を進めています。一般社団法人つくろい東京ファンドは、このネットワークの中で住宅支援を担当しており、中野区・豊島区などで空き家・空き室を借り上げた個室シェルターや支援アパートを運営しています。

この学習会では、ホームレス問題の現状と東京におけるハウジングファーストの取り組みについて学びます。ぜひご参加ください。

【開催団体】 国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)、住まいの貧困に取り組むネットワーク、日本住宅会議(関東会議)

【連絡先】 NPO住まいの改善センター ℡:03-3837-7611

※講座終了後の8時過ぎより、住まいの貧困に取り組むネットワークの定例会議も行いますので、お時間のある方はあわせてご参加ください。

11月15日(水) 院内集会「ガマンくらべを終わらせよう。~生活保護でも大学に! 下げるな! 上げろ! 生活保護基準」

講演・イベント告知

http://inochinotoride.org/whatsnew/171017innai.php

11月15日(水) 院内集会「ガマンくらべを終わらせよう。~生活保護でも大学に! 下げるな! 上げろ! 生活保護基準」

来年度に向けて生活保護の基準改定が部会で議論されています。

5年前の改定の際には、基準部会での結論とは全くかけ離れた形で基準の引き下げが行なわれましたが、今回も、母子加算の削減など子どものいる世帯などの基準の引き下げが懸念されています。

生活保護世帯の子どもの大学等への進学を認めるべきだとの世論も高まる中、大学進学も認めず保護基準を引き下げたのでは、貧困の連鎖が強まる一方です。

道理のない保護基準引下げを許さず、誰もが「健康で文化的な生活」をおくることができるよう、私たちの声を国会に届けましょう!

ガマンくらべを終わらせよう。~生活保護でも大学に! 下げるな! 上げろ! 生活保護基準

チラシPDFはこちら。

【日時】11月15日(水)12:30~14:30
【場所】参議院議員会館講堂
※12:00から参議院議員会館1階ロビーで通行証を配布します。

【概要】

司会:雨宮処凛さん(作家)、稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)

基調講演「憲法25条が保障する生存権と生活保護基準引下げ(仮)」
木村草太さん(首都大学東京大学院教授)

特別報告「生活保護世帯の大学生の現状と課題~堺市実態調査から」
桜井啓太さん(名古屋市立大学講師、元堺市CW)

基調報告「生活保護基準部会での議論の状況」
田川英信さん(いのちのとりで裁判全国アクション事務局)

当事者・支援者の声
子どもの専門学校進学で「世帯分離」された母子世帯の方
生活保護を利用する高齢世帯、障がい世帯、母子世帯等の方々

事前申込み不要、入場無料

【主催団体】いのちのとりで裁判全国アクション

http://inochinotoride.org/

 

関連記事:11月1日(水)生活保護引下げ違憲東京国賠訴訟の傍聴に集まろう! 

11月1日(水) 大阪弁護士会主催講座「住むことだって、大変だ~住まいの貧困を考える」

講演・イベント告知

http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_1101_2.php

貧困問題連続市民講座 リターンズ 第3回

「住むことだって、大変だ~住まいの貧困(ハウジングプア)を考える」

日時:2017年11月1日(水) 18時30分~20時30分
受付開始は18時より

会場:大阪弁護士会館 2階ホール
(大阪市北区西天満1-12-5) 地図はこちら。

講師:稲葉剛(立教大学大学院特任准教授、一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事)

参加費:無料・申込不要

問合せ先:大阪弁護士会委員会部人権課 06-6364-1227

10月28日(土) 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 2017年度第4回オープン大学院

講演・イベント告知

ふ稲葉の所属する立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科が主催する企画です。今回は稲葉もミニ講義をさせていただきます。

http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/sd/lecture/week.html

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 2017年度第4回オープン大学院

当研究科所属教員の講義や修了生の修士論文報告を聴講いただけます。学びの場を求める社会人の方、次のステージを模索している方、NPO/NGOに興味関心のある方、地域社会で活動される方、大学生など、お気軽にご参加ください。
(申込不要 / 無料)

≪ 2017年度 ≫

◆第4回
日時: 2017年10月28日(土) 13:30~16:30 (開場 13:00)
場所: 立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール
池袋キャンパスへのアクセスキャンパスマップ

司会: 大熊 玄 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・文学部准教授)

講師: 大熊 玄 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・文学部准教授)
[主な担当科目] 自然学の方法/社会的人間存在論/ローカリズム原論/場の人間学

指田 朝久 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
[主な担当科目] 情報セキュリティ/リスクマネジメント/事件・事故ケーススタディ/災害と事業継続計画BCP

稲葉 剛 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科准教授)
[主な担当科目] 居住福祉論/貧困と社会的排除

◆プログラム◆

13:30 開会
13:35~14:35 講師3名によるミニ講義
14:35~14:45 質疑応答
14:45~15:00 休憩(15分間)
15:00~15:45 2016年度修了生 3名による修士論文報告
15:45~16:30 フリーディスカッション(質疑応答を含む)
16:30 閉会

<ミニ講義タイトル>
大熊 玄「哲学と社会デザイン;会話と対話のあわい」
稲葉 剛「ハウジングファーストと社会デザイン」
指田 朝久「危機管理と社会デザイン;熊本地震を例に」

<修了者による修士論文報告タイトル>
栗田陽子 氏「知的・発達・精神障害者の地域生活における「観念の社会的障壁」を解消するための研究」
滝口 聡 氏「神社の潜在能力を検証する-ソーシャル・キャピタルの視点からの考察-」
室田真希 氏「組織的違反による企業不祥事防止に向けたコンプライアンス研修の考察」

10月9日(月・祝)ハウジングファースト国際シンポジウム@東京

講演・イベント告知

今年もハウジングファースト国際シンポジウムが、10月8日(大阪)と9日(東京)に開催されます。ぜひご参加ください(稲葉は東京の会のみ参加になります)。

https://www.mdm.or.jp/news/5458/

ハウジングファースト国際シンポジウム 東京

住まいを失った人(貧困、暴力、虐待、依存症、精神疾患、障がい、認知症…)のソーシャルインクルージョンを実現する方法~フランス、ベルギー、日本の実践から~

 

「失敗するチャンスがある」
社会から排除され住まいを失った人が施設に収容されることなく、まず地域に自分の部屋を得ること、そこで自分のペースとスタイルで地域の一員として暮らしていくこと、支援者はそれを応援していくこと、それが「ハウジングファースト」です。地域移行・定着の支援モデルとして「ハウジングファースト」が有効であることは、すでに欧米では常識となりつつあり、私たちもその有効性を活動の中で実感しています。

しかし「失敗」は日々生じます。それをどう捉えればよいのでしょうか。ただ住まいに定着することイコール「成功」なのでしょうか。

当事者の生活の質の向上とソーシャルインクルージョンは、どのような指標で測ったらよいのでしょうか。3回目となる本シンポジウムでは、フランスの社会学者からはその評価の指標について、またベルギーの”路上の看護師たち(Infirmiers de rue)”から実践の方法を学び、日本の実践家たちと共に「ソーシャルインクルージョン」を考えていきます。

日時:2017年10月9日(月)
13:00-17:30(開場12:30)
会場:明治大学駿河台キャンパス
グローバルフロントグローバルホール(定員:180名)
会費:2,000円
主催:認定NPO法人世界の医療団
共催:コミュニティホームべてぶくろ
   NPO法人TENOHASI
   訪問看護ステーションKAZOC
   一般社団法人つくろい東京ファンド
   ゆうりんクリニック
   NPO法人ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
協賛:ヤンセンファーマ株式会社

プログラム
*日仏同時通訳付き

司会 : 清野 賢司 氏 -TENOHASI事務局長
講演1 :Pauline Rhenter 氏 -保健社会学研究者
講演2: Sandrine Butaye氏
-公衆衛生/熱帯医学専門看護師、ブリュッセルInfirmiers de rue(路上の看護師たち)ハウジングファーストプログラム責任者
講演3: 稲葉 剛 氏
-立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授、一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事
講演4: 高桑 郁子 氏 -世界の医療団ボランティア看護師
講演5: 小川 芳範 氏
-TENOHASI生活応援班ソーシャルワーカー
講演6: HFTP代表医師 × アパート入居者 対談
森川 すいめい 氏
-精神科医、鍼灸師、みどりの杜クリニック院長

パネルディスカッション
「失敗するチャンスがある」
ファシリテーター: 渡邊 乾 氏
- 訪問看護ステーションKAZOC代表・作業療法士
稲葉 剛 氏
高桑 郁子 氏
小川 芳範 氏
向谷地 宣明 氏
- コミュニティーホームべてぶくろ・ひだクリニック
栗田 陽子 氏
- ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパンPHW支援コーディネーター
岩本 雄次 氏
- ゆうりんクリニック ソーシャルワーカー

*プログラムの内容については変更が生じる場合がございますので、予めご了承ください。
お申込みはこちらから: https://www.mdm.or.jp/news/5458/

(大阪と東京のページは序文下のタブで切り替えられます。)

 

関連記事:【2016年11月18日】 「『まず住まい』のホームレス支援 民間団体が試み」 ハウジングファーストの紹介記事が朝日新聞に掲載

10月8日(日)ハウジングファースト国際シンポジウム@大阪

講演・イベント告知

今年もハウジングファースト国際シンポジウムが、10月8日(大阪)と9日(東京)に開催されます。ぜひご参加ください(稲葉は東京の会のみ参加になります)。

https://www.mdm.or.jp/news/5458/

ハウジングファースト国際シンポジウム 大阪

住まいを失った人(貧困、暴力、虐待、依存症、精神疾患、障がい、認知症…)のソーシャルインクルージョンを実現する方法~フランス、ベルギー、日本の実践から~

 


「失敗するチャンスがある」
社会から排除され住まいを失った人が施設に収容されることなく、まず地域に自分の部屋を得ること、そこで自分のペースとスタイルで地域の一員として暮らしていくこと、支援者はそれを応援していくこと、それが「ハウジングファースト」です。地域移行・定着の支援モデルとして「ハウジングファースト」が有効であることは、すでに欧米では常識となりつつあり、私たちもその有効性を活動の中で実感しています。

しかし「失敗」は日々生じます。それをどう捉えればよいのでしょうか。ただ住まいに定着することイコール「成功」なのでしょうか。

当事者の生活の質の向上とソーシャルインクルージョンは、どのような指標で測ったらよいのでしょうか。3回目となる本シンポジウムでは、フランスの社会学者からはその評価の指標について、またベルギーの”路上の看護師たち(Infirmiers de rue)”から実践の方法を学び、日本の実践家たちと共に「ソーシャルインクルージョン」を考えていきます。

日時:2017年10月8日(日)13:00-17:00(開場12:30)
会場:関西大学梅田キャンパス 8階大ホール(定員:80名)
会費:2,000円

主催:認定NPO法人世界の医療団
共催:コミュニティホームべてぶくろ
   NPO法人TENOHASI
   訪問看護ステーションKAZOC
   一般社団法人つくろい東京ファンド
   ゆうりんクリニック
   NPO法人ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
協賛:ヤンセンファーマ株式会社 
後援:大阪市立大学都市研究プラザ
   日本居住福祉学会

*本シンポジウムは、科学研究費基盤研究(B)(海外学術調査)「東アジアにおける包摂型居住福祉実践に関する研究」(研究代表者:全 泓奎)の助成を得て実施しております。

プログラム
*日仏同時通訳付き
司会 :槙野 友晴 氏 -NPO法人堺市相談支援ネット相談員
講演1:Pauline Rhenter 氏 -保健社会学研究者
講演2:Sandrine Butaye 氏
-公衆衛生/熱帯医学専門看護師、ブリュッセル Infirmiers de rue(路上の看護師たち)ハウジングファーストプログラム責任者
講演3:貧困報道記者からの公開質問
     原 昌平 氏 -読売新聞大阪本社編集委員・精神保健福祉士
講演4:齋藤 宏直 氏 -NPO法人みやぎ「こうでねいと」理事長
講演5:高桑 郁子 氏 -世界の医療団ボランティア看護師
講演6:小川 芳範 氏 -TENOHASI生活応援班ソーシャルワーカー
質疑応答

*プログラムの内容については変更が生じる場合がございますので、予めご了承ください。

お申込みはこちらから: https://www.mdm.or.jp/news/5458/ 

(大阪と東京のページは序文下のタブで切り替えられます。)

 

関連記事:【2016年11月18日】 「『まず住まい』のホームレス支援 民間団体が試み」 ハウジングファーストの紹介記事が朝日新聞に掲載

9月28日(木) 生活保護引き下げ違憲 東京国賠訴訟 学習会&応援プロジェクト

講演・イベント告知

生活保護引き下げ違憲 東京国賠訴訟
学習会&応援プロジェクト

2017年9月28日(木) 18時15分~20時15分

場所:カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会)ヨセフホール

JR・東京メトロ四ツ谷駅すぐ上智大学手前

アクセスは、こちら。

お話

山川幸生弁護士・白木敦士弁護士 稲葉剛 氏(つくろい東京ファンド代表理事)

参加費:無料・申込み不要

主催:カトリック麹町教会メルキゼデクの会

連絡先:TEL090-4959-0652 岩田

9月14日(木) 『当たり前の生活ってなんやねん?! ~東西の貧困の現場から~』(大阪)

講演・イベント告知

『当たり前の生活ってなんやねん?! ~東西の貧困の現場から~』

 2017年9月14日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
 ロフトプラスワンWEST  アクセスはこちら。

【出演】
生田武志(社会運動家、文芸評論家、野宿者ネットワーク代表)
稲葉剛(つくろい東京ファンド代表理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)

【司会】
芦田麗子

前売¥1,500 / 当日¥2,000(※別途1オーダー500円以上要)
前売券は、イープラス、及びロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約にて販売中
イープラス購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002233420P0030001
※ご入場はイープラスチケット→店頭&電話予約→当日の順となります。

電話予約 → 06-6211-5592(16時~24時)

 

「日本には貧困はない」と言われた 80 年代から、大阪の釜ヶ崎(西成区)を中心に日雇い労働者や野宿者の支援にかかわってこられた生田武志さん。

90 年代から東京の新宿を中心に路上生活者支援活動に取り組み、「貧困の可視化」にも取り組んでこられた稲葉剛さん。

東西の路上から日本の「貧困」を見つめ続けてきた二人の実践家による初のトークライブが、ディープ大阪ミナミのライブハウス「ロフトプラスワンウエスト」にて実現します!

聞き手は、女性と子どもの貧困問題に取り組む芦田麗子さん。男性の視点からだけでは話させません。

「当たり前の生活ってなんやねん?」―東西の貧困現場から、私たちの過去、現在、そして未来を熱く激しく語り尽くします。

 
 

8月12日(土) カトリック平和旬間2017 講演会「子どもの貧困を克服できる社会を目指して」

講演・イベント告知

カトリック東京教区「平和旬間2017」のプログラムの一環として開催される講演会で、稲葉が話をさせていただきます。

講演会「子どもの貧困を克服できる社会を目指して」

8月12日(土)開場:13:00  講演:14:00~15:00

カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会) ヨセフホール

 アクセスはこちら。

講師:稲葉剛さん(立教大学大学院特任准教授)

 

稲葉 剛(いなば・つよし)さん プロフィール

立教大学大学院特任准教授、一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事
1969 年広島県生まれ。東京大学教養学部卒業。94 年より、新宿において路上生活者支援の活動に取り組む。2001 年、湯浅誠氏らとともに、自立生活サポートセンター・もやいを設立し、幅広い生活困窮者への相談・支援活動を展開。2014 年まで理事長を務める。2014 年、つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者向け住宅支援事業に取り組んでいる。住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人。生活保護問題対策全国会議幹事。著書に『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)、『生活保護から考える』(岩波新書)など。

※手話通訳と要約筆記があります。・教会内には駐車できません。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >