アーカイブ

【2011年9月1日】居住をめぐる貧困ビジネス

アーカイブ

2008年秋のリーマンショックに始まった世界同時不況は、日本中に「派遣切り」の嵐を巻き起こした。同年の年末に東京・日比谷公園に開設された「年越し派遣村」では、派遣会社の寮を追い出され、仕事と同時に住まいを失った大量の派遣…

続きを読む

【2011年8月1日】貧困と差別の結託に抗するために~ハウジングプアを中心に

アーカイブ

〈もやい〉の生活相談の現状 仕事と住まいを失い、ホームレス状態へと追い込まれる人々が増加し続けている。私が代表を務めるNPO法人自立生活サポートセンター・もやいでは、生活困窮者への相談・支援活動を継続して行なっているが、…

続きを読む

【2010年4月1日】「追い出し屋」規制から住宅政策の転換を

アーカイブ

1、「追い出し屋」規制法案と家賃滞納者データベース化問題 本年2月23日、政府は悪質な家賃の取り立てから賃貸住宅の借家人を保護する新法案を閣議決定した。新法案の正式名称は、「賃貸住宅における賃借人の居住の安定確保を図るた…

続きを読む

【2009年2月1日】社会の「安心」を取り戻すために

アーカイブ

昨年(2008年)秋、アメリカ発の金融危機をきっかけに世界同時不況が発生したことは、日本国内でも多くの人々の生活に影響を与えています。 その中でも真っ先に打撃を受けたのは、1990年代以降に広がった非正規雇用の労働者です…

続きを読む

【2008年10月7日】個室ビデオ店放火:「住まいの貧困」が問題だ

アーカイブ

2008年10月1日に大阪市であった個室ビデオ店の放火事件では、生活の困窮ゆえにこうした店を仮の住まいとして利用していた人々も犠牲になった。ネットカフェ難民にならって「個室ビデオ店難民」と名付けたメディアもあったが、「○…

続きを読む

【2008年8月1日】「生」が無条件肯定されない社会で

アーカイブ

今年(2008年)5月、日本テレビの系列局で、私が代表を務めるNPO法人自立生活サポートセンター・もやいの活動を取材した『ネットカフェ難民3~居場所どこに?』が放映されました。ネットカフェで生活せざるをえない若者たちの状…

続きを読む

【2007年11月29日】生活保護:「安全網」の役割を徹底せよ

アーカイブ

猛暑日が続いた今年の夏、私のもとには知り合いの高齢者が救急車で運ばれて緊急入院した、という連絡が相次いだ。 私は野宿者への支援活動を始めて13年になる。90年代に路上で出会った人の多くは70代になり、生活保護を受給するか…

続きを読む

【2007年4月26日】ホームレス調査 長期・高齢化防ぐ施策を

アーカイブ

「寝る時に足を伸ばせるのが、何よりも嬉しい」、「雨露をしのげるのが一番。天気の心配をしなくても良くなった」、「やっぱり自分の『城』を持って、気持ちの面でも落ち着いてきた」 いずれも、私が支援活動の中で出会い、路上から「畳…

続きを読む

【2006年7月1日】「ホームレス状況」からの脱却を支援して~<もやい>の活動を中心に

アーカイブ

ある男性の死 今年(2006年)1月7日未明、新宿駅西口ロータリーで一人の男性が凍死しました。12月の平均気温が戦後最低になるなど、例年より一段と厳しい冬をなんとか乗り切ろうと、野宿の人たちへの呼びかけを強化していた中で…

続きを読む

【2004年5月1日】野宿者とはどのような人たちなのか

アーカイブ

野宿者とはどのような人たちなのか?それは言うまでもなく「野宿状況に置かれている人々」である。では野宿状況とはどのような状況なのか?ここで一つのロールプレイを行なってみたい。「野宿状況を体験する」ゲームである。 まず、0か…

続きを読む

< 1 2 3 >