【2018年10月26日】朝日新聞「麻生氏また舌禍」にコメント掲載

メディア掲載

2018年10月26日付け朝日新聞「麻生氏また舌禍 でも財務相戦後最長更新中」に、稲葉のコメントが掲載されました。

10月24日に開催した院内対話集会「政治から差別発言をなくすために私たちがすべきことは?」についても触れられています。


https://www.asahi.com/articles/ASLBS4W67LBSUTIL02X.html

麻生氏また舌禍 でも財務相戦後最長更新中

財務事務次官のセクハラ問題をめぐる発言で謝罪に追い込まれた麻生太郎財務相が、また問題発言をし、批判を浴びている。だが、度重なる舌禍でも、財務相の座を追われることはなく、在任期間は戦後の蔵相・財務相で最長に。なぜか。

「おれは78歳で病院の世話になったことはほとんどない」。23日の閣議後会見で、麻生氏はこう述べた上で、「『自分で飲み倒して、運動も全然しない人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしい、やってられん』と言った先輩がいた。いいこと言うなと思って聞いていた」と話した。記者から、麻生氏も同じ考えかと重ねて問われると、「生まれつきもあるので、一概に言うのは簡単な話ではない」と答えた。

(中略)

今回も波紋が広がる。24日午後、衆院議員会館で開かれた政治家の差別発言について考える集会でも、麻生氏の発言が話題に。小児科医の熊谷晋一郎・東大先端科学技術研究センター准教授は、取材に「例えば、依存症は本人の意思や努力ではどうにもならない健康問題だが、自己責任と誤解されやすい。自己責任論を助長する麻生氏の発言は特定の疾患への差別を強めるものだ。日常会話の中では聞き流してしまうかもしれないが、政策に影響を与える政治家は、より言葉に気を使うべきだ」と話した。

(中略)

長年、貧困問題に取り組んできた稲葉剛・立教大特任准教授は、「生活保護バッシング」との共通点を指摘する。「政治家が極端な例を取り上げて負のイメージを広げ、生活保護の切り下げへの流れが生まれた。麻生氏も、あえて踏み込んだ発言をして反応を見ながら引っ込めているように見える。それが繰り返され、有権者も慣れて歯止めがなくなっている」‬


>

«