12月16日(土) 社会文化学会シンポジウム「抵抗の文化は可能か―社会運動の再考」

講演・イベント告知

http://japansocio-culture.com/taikai/taikai_20/

社会文化学会第20回全国大会 大会テーマ「抵抗の文化は可能か?」

2017年12月15日(金)~17日(日)
会場:立教大学池袋キャンパス

※稲葉は、2日目(12月16日)の全体シンポジウムでお話します。大会全体のスケジュールは上記リンク先をご覧ください。

大会スケジュール〔12月16日(土)〕

13:00~ 受付開始

13:30~17:00 全体シンポジウム「抵抗の文化は可能か――社会運動の再考」

場所 立教大学池袋キャンパス5号館5121教室

報告者:

谷和明(東京外国語大学名誉教授)
「九条俳句訴訟からみる政治的中立と市民的公共性」

清眞人(元近畿大学教授・「戦後世界史と日本 市民ネット」代表)
「社会文化学会への提案--抵抗の文化蘇生イニシアチブの幾つか」

稲葉剛(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)
「貧困の現場から社会を変える~野宿者運動、反貧困運動の経験から」
司会・趣旨説明:和田悠(立教大学)

17:10~18:10 総会

18:30~20:30 懇親会(多国籍創作料理 レッドピーマン 豊島区池袋3-1-2)

参加費

大会参加費:1,500円(非会員の一日参加1,000 円)
〔懇親会〕一般4,000円、大学院生2,500円

チラシのPDFは、こちらでダウンロードできます。


>

«