ネットから無料で入手可能!知っておきたい生活保護のしくみ

提言・オピニオン

桜が咲く季節になりました。

4月から新たに、福祉に関わる仕事に就いたり、社会福祉系の学部や専門学校に進学された方もいらっしゃるかと思います。
この時期、貧困問題に関わるNPO等から、「新人スタッフ研修のため、生活保護の基礎知識について話してほしい」という依頼を受けることが多くなっています。

そこで、生活保護制度に関してネット経由で無料に入手できる情報をまとめてみました。

生活困窮者支援に関心のある方だけでなく、自分自身が生活に困窮しているという方や、「将来、生活に困るかもしれない」と感じている方にも活用していただければと思います。

生活保護制度の基礎や基準を知るには?

まずは初級編です。

生活保護制度の基礎知識について、一番コンパクトにまとまっているのは、日本弁護士連合会が制作したパンフレット(A版8ページ)です。

日弁連:「あなたも使える生活保護」(PDF)

709eb133

PDFのダウンロードが難しい方は、ビッグイシューオンラインの記事で概略を見ることができます。

BIG ISSUE ONLINE :「生活保護」は、働いていても、若くても、持ち家があっても、車があっても申請可能です

また、日弁連は生活保護基準の引き下げ問題や子どもの貧困、ワーキングプアの問題等についても、さまざまな資料を作成しています。

以下のリンク先に一覧があるので、ご参考にしてください。

日弁連:人権問題に関する資料一覧

もう少し詳しい資料としては、私が理事を務めるNPO法人自立生活サポートセンター・もやいで制作したパンフレットがあります。こちらはA4版16ページです。

NPO法人もやい:「困った時に使える最後のセーフティネット活用ガイド」(PDF)

もやいのウェブサイトでは、生活保護の申請書や「これで研修・授業・講座ができる!貧困問題レクチャーマニュアル」もダウンロードできるようになっています。あわせて、ご活用ください。

NPO法人もやい:生活支援関連資料

生活保護の基準は、地域や世帯の人数等によって変動します。また、障害加算や母子加算などの加算もあるため、保護基準の計算はなかなか複雑になっています。

この面倒くさい基準の計算を自動でやってくれるのが、山吹書店のサイトでダウンロードできる生活保護費計算シート(Excel)です。

山吹書店:生活保護費(最低生活費)計算シート

この計算シートは無料でダウンロードできますが、寄付によって成り立つドネーションウェアなので、ぜひ寄付にもご協力ください。

生活保護をめぐる様々な論点

次は中級編。

「生活保護をめぐる様々な論点をわかりやすく紹介しているなぁ」と私が感心しているのは、読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」で原昌平記者が連載している「貧困と生活保護」のシリーズです。

1990年代から大阪で野宿者の置かれている状況を取材してきた原記者だけに、生活困窮者支援の現場で問題になっていることを的確にまとめてくれています。

2016年3月末時点で第27回まで掲載されています。

ヨミドクター:原記者の「医療・福祉のツボ」:貧困と生活保護

もっと多角的に考えてみたい方にお薦めなのは、みわよしこさんが「ダイヤモンドオンライン」に連載している「生活保護のリアル」。

2012年から生活保護を利用している当事者の声を紹介したり、生活保護基準の引き下げや法改正など近年の政策をめぐる動きを追い続けていて、書籍化もされています。

ダイヤモンドオンライン:生活保護のリアル みわよしこ

この連載は第94回(!)でいったん終わりましたが、現在は続編が連載されており、こちらもすでに40回を超えています。

ダイヤモンドオンライン:生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ

法律家による意見書と裁判例から学ぶ

最後は上級編です。

生活保護問題に関わる全国の法律家らでつくる生活保護問題対策全国会議のブログでは、同会議がこれまで出してきた意見書や要望書を読むことができます。

生活保護問題対策全国会議ブログ

最近の事例では、大分県別府市が「パチンコ店への出入り」を理由に保護の支給停止をおこなったという処分に関して、法的な問題点を指摘した意見書があります。

遊技場立ち入りを理由とした保護停止処分に対する意見書

また、全国生活保護裁判連絡会のウェブサイトには、生活保護に関する20件の裁判事例が紹介されており、それぞれの事案の内容、問題の所在、裁判所の判断がコンパクトにまとめられています。

全国生活保護裁判連絡会ウェブサイト

以上、私の知る範囲で活用できそうなリンク先をまとめました。
生活保護制度については、誤解やデマも多く流されているので、ぜひ正しい知識を広げていきたいと思います。

なお、「今、生活に困っている」、「近いうちに困りそう」という方はお早めにご相談を。下記の相談先リストをご参照ください。

生活保護のことで相談したい場合は、こちらへどうぞ(相談先リスト)

 


>

« »