住まいの貧困に関する報告書が次々と完成!

日々のできごと

今年5月31日にNPO法人ビッグイシュー基金・住宅政策提案・検討委員会の主催で開催された『市民が考える!若者の住宅問題&空き家活用』シンポジウムの報告書が完成しました。

info_15101501

報告書はA4版24ページ。委員会による若年・未婚・低所得層の居住実態調査の報告と分析、NPO、自治体、不動産業者など、多彩なパネリストの方々を迎えての「空き家」と住宅困窮者のマッチングに関する取り組み報告や提案など、盛りだくさんの内容になっています。
私も委員の一人として「居住の安定第一へ――若者の貧困と住宅問題」というパートを担当しています。

この報告書は無償配布をしており、ビッグイシュー基金のウェブサイトでPDFをダウンロードすることもできます。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

ビッグイシュー基金:「若者の住宅問題&空き家活用」シンポ報告書が完成しました

 

また、私が世話人を務める「住まいの貧困に取り組むネットワーク」は、昨年、貧困研究会の有志とともに「大都市の住まい実態調査プロジェクト」を発足させ、首都圏、名古屋、大阪における生活困窮者の住まいのあり方の実態調査に取り組んできました。

このたび、そのプロジェクトの中間報告書が、助成元である恩賜財団済生会のウェブサイトに掲載されました。こちらもPDFをダウンロードできます。

社会福祉法人恩賜財団済生会 生活困窮者問題調査会 平成26年度 調査研究報告書

※「3. 生活困窮者の住居の在り方に関する実態調査 PDF」をクリックしてください。

 

これらの報告書を通して、住まいの貧困の実態や対策の必要性が広く知られればと思っています。ぜひご活用ください。

また、私が代表理事を務めるつくろい東京ファンドでは、10月30日まで新たに都内2ヶ所の空き家を活用したプロジェクトを実施するためのクラウドファンディング(インターネットでのクレジットカード決済を活用した資金調達)を行なっています。

こちらも引き続き、ご協力をお願いします!
詳細は以下のキャンペーンページをご覧ください(画像をクリックすると、Motion Galleryのページに移ります)。


>

« »