10月28日(土) 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 2017年度第4回オープン大学院

講演・イベント告知

ふ稲葉の所属する立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科が主催する企画です。今回は稲葉もミニ講義をさせていただきます。

http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/sd/lecture/week.html

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 2017年度第4回オープン大学院

当研究科所属教員の講義や修了生の修士論文報告を聴講いただけます。学びの場を求める社会人の方、次のステージを模索している方、NPO/NGOに興味関心のある方、地域社会で活動される方、大学生など、お気軽にご参加ください。
(申込不要 / 無料)

≪ 2017年度 ≫

◆第4回
日時: 2017年10月28日(土) 13:30~16:30 (開場 13:00)
場所: 立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール
池袋キャンパスへのアクセスキャンパスマップ

司会: 大熊 玄 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・文学部准教授)

講師: 大熊 玄 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・文学部准教授)
[主な担当科目] 自然学の方法/社会的人間存在論/ローカリズム原論/場の人間学

指田 朝久 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
[主な担当科目] 情報セキュリティ/リスクマネジメント/事件・事故ケーススタディ/災害と事業継続計画BCP

稲葉 剛 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科准教授)
[主な担当科目] 居住福祉論/貧困と社会的排除

◆プログラム◆

13:30 開会
13:35~14:35 講師3名によるミニ講義
14:35~14:45 質疑応答
14:45~15:00 休憩(15分間)
15:00~15:45 2016年度修了生 3名による修士論文報告
15:45~16:30 フリーディスカッション(質疑応答を含む)
16:30 閉会

<ミニ講義タイトル>
大熊 玄「哲学と社会デザイン;会話と対話のあわい」
稲葉 剛「ハウジングファーストと社会デザイン」
指田 朝久「危機管理と社会デザイン;熊本地震を例に」

<修了者による修士論文報告タイトル>
栗田陽子 氏「知的・発達・精神障害者の地域生活における「観念の社会的障壁」を解消するための研究」
滝口 聡 氏「神社の潜在能力を検証する-ソーシャル・キャピタルの視点からの考察-」
室田真希 氏「組織的違反による企業不祥事防止に向けたコンプライアンス研修の考察」


>

« »