鵺がつないだアートと小説~武盾一郎さん×星野智幸さんのコラボが完成!

日々のできごと

作家の星野智幸さんの自選作品集(人文書院・全4巻)の刊行が始まりました。現在、第1巻、第2巻が刊行されています。

fullsizerender-21

星野さんはホームレスサッカー「野武士ジャパン」の応援団や「路上文学賞」の選考委員を務めるなど、ホームレス支援の活動にも深く関わっていらっしゃり、私も大変お世話になっています。

星野さんの小説は、日本社会の闇の部分が投影されたものが多く、昨年刊行された『呪文』には、打ちのめされるほどの衝撃を受けました。その一方で、『夜は終わらない』(2014年)では、「読み終わりたくない」と思わせるほど、想像力あふれる世界を描いていらっしゃいます。

その星野さんの選集の装画を担当したのが、画家の武盾一郎さんです。武さんは、1990年代半ばに新宿の路上生活者コミュニティ「新宿ダンボール村」でダンボール絵画を制作していたことで知られています。

新宿西口地下道 段ボールハウス絵画集

その縁もあり、昨年刊行された私のエッセイ集『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』で、「鵺(ぬえ)」をモチーフにした装画を描いていただきました。

9784880084534--700x1112

昨年2月に開催された『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』の出版記念イベントでは、座談会の参加者として星野さんにお越しいただき、武さんにもスピーチをしていただきました。その場で、『新宿鵺』の原画を披露していただきました。

出版記念会の座談会 右から吉水岳彦さん、星野智幸さん、私、司会の小林多美子さん 撮影:吉田敬三

出版記念会の座談会 右から吉水岳彦さん、星野智幸さん、私、司会の小林多美子さん 撮影:吉田敬三

座談会の動画はこちらでご覧になれます。

動画で見る『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』出版を祝う会 

武盾一郎さんと『新宿鵺』原画 撮影:吉田敬三

武盾一郎さんと『新宿鵺』原画 撮影:吉田敬三

武さんの『新宿鵺』に感銘を受けた星野さんが、ご自身の選集を出版するにあたり、武さんに装画制作を依頼し、全4巻の選集の全ての表紙を武さんが担当することになりました。

拙著がきっかけとなり、武さんのアートと星野さんの小説が結びついたのは、不思議な縁を感じます。私自身は特に何もしていないのですが、嬉しい限りです。

ぜひ星野さんの選集を手に取っていただき、小説の世界とアートの世界の融合を楽しんでいただければと願っています。

 


>

« »