12月16日(土) 社会文化学会シンポジウム「抵抗の文化は可能か―社会運動の再考」

講演・イベント告知

http://japansocio-culture.com/taikai/taikai_20/

社会文化学会第20回全国大会 大会テーマ「抵抗の文化は可能か?」

2017年12月15日(金)~17日(日)
会場:立教大学池袋キャンパス

※稲葉は、2日目(12月16日)の全体シンポジウムでお話します。大会全体のスケジュールは上記リンク先をご覧ください。

大会スケジュール〔12月16日(土)〕

13:00~ 受付開始

13:30~17:00 全体シンポジウム「抵抗の文化は可能か――社会運動の再考」

場所 立教大学池袋キャンパス5号館5121教室

報告者:

谷和明(東京外国語大学名誉教授)
「九条俳句訴訟からみる政治的中立と市民的公共性」

清眞人(元近畿大学教授・「戦後世界史と日本 市民ネット」代表)
「社会文化学会への提案--抵抗の文化蘇生イニシアチブの幾つか」

稲葉剛(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)
「貧困の現場から社会を変える~野宿者運動、反貧困運動の経験から」
司会・趣旨説明:和田悠(立教大学)

17:10~18:10 総会

18:30~20:30 懇親会(多国籍創作料理 レッドピーマン 豊島区池袋3-1-2)

参加費

大会参加費:1,500円(非会員の一日参加1,000 円)
〔懇親会〕一般4,000円、大学院生2,500円

チラシのPDFは、こちらでダウンロードできます。

12月8日(金) 公開講座「空き家を活用したハウジングファーストの取り組み」

講演・イベント告知

http://housingpoor.blog53.fc2.com/blog-entry-308.html

12月8日(金)第4回講座「空き家を活用したハウジングファーストの取り組み」

「新たなセーフティネット住宅の実践を考える」の第4回講座を下記のとおり、開催いたします。
どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

第4回講座 「空き家を活用したハウジングファーストの取り組み」

日時:12月8日(金)午後6時30分~午後8時

会場:新宿区・戸塚地域センター・地階集会室1(高田馬場駅徒歩3分)
アクセスは、こちら。

講 師:稲葉 剛(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事)

 

「ハウジングファースト」とは、生活困窮者の支援において安定した住まいの確保を最優先とする支援アプローチです。

1990年代にアメリカで始まったハウジングファーストは、ホームレス問題の解決につながる画期的な支援手法として欧米各国に広がりました。
日本でも東京都内の7団体がネットワークを組み、「ハウジングファースト東京プロジェクト」を進めています。一般社団法人つくろい東京ファンドは、このネットワークの中で住宅支援を担当しており、中野区・豊島区などで空き家・空き室を借り上げた個室シェルターや支援アパートを運営しています。

この学習会では、ホームレス問題の現状と東京におけるハウジングファーストの取り組みについて学びます。ぜひご参加ください。

【開催団体】 国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)、住まいの貧困に取り組むネットワーク、日本住宅会議(関東会議)

【連絡先】 NPO住まいの改善センター ℡:03-3837-7611

※講座終了後の8時過ぎより、住まいの貧困に取り組むネットワークの定例会議も行いますので、お時間のある方はあわせてご参加ください。

1